【驚愕】胆石を自分で溶かした男の話!本当にやり抜いた!費用0円!

胆石を溶かす

胆石の痛みは尋常ではありませんね。
それを自分で自宅で溶かした男の話です。

ある50代の男性は、右脇腹の痛みを訴えて、汗をかくので医者に行くと、胆石を発見!即、内視鏡の手術を進められたそうですが、それは怖いからいやだと、それで薬で溶かす療法も薬が嫌だという頑固さで、結局、何もしないという事になったそうです。そこで、(このサイトでも喘息の発作を止めるコラムでお世話になった)C先生に相談したところ、

「生水を一日7L飲みなさい」

といわれたそうです。。7Lですよ。。

その男性の病院の治療嫌いと、頑固さも手伝って、一日生水7Lを飲むことを決意したそうです!
それで、毎日、毎日、7Lの水を飲んだというのですが、そんなに沢山飲むとトイレが大変であったそうで、胃も張ったりしたそうです。

しかし、それでは石は絶対に溶けませんと言われ、飲み方が違うと指導があったそうです。

そうやって水飲みを修正して、そのまま続けたところ、

結局4ヶ月かかって、殆ど石は無くなるほど溶かしきった

というのですから驚きです!

さて、どのようにこれを果たしたのでしょうか?

スポンサーサイト

まず、その男性が行ったのはこのような方法だったのです。

1,一日生水を7L飲む。

これはトータルで7Lであって、一気に飲んだら駄目です。腹が張るし、消化も悪くなったり、胃腸に負担がかかり過ぎます。1Lを7回に分けて飲むというのも駄目です。これも胃腸に負担がかかって、大変不調をきたすことがあります。そうではなくて、できるだけ細かく飲むということです。分けて飲むのだけれども、起きている間中、飲み続けるというのも、現実的に無理です。

極力、食後90分は飲むのを避けます。その他の時間は、できるだけ細かく飲むのが、負担がないのです。500mlのペットボトルに生水を入れて、それを気がついたら一口飲んで、また気がついたら一口のんで、という風に、決してごくごく飲まずに、一口含む程度にします。最も良い飲み方は、「皿なめ」といいまして、更に濡れた水をぺろぺろ舐める程度の飲み方だといいます。そこまでは無理だとしても、極力、一気に多く飲まずに、知らずに7Lを飲み干してしまっている。。。という感じがいいということです。

一気に飲むとスグにトイレに行きたくなりますね。これは駄目です。一気に多く飲むと、水自体が全身の血管をくまなく通らないのですね。浄水器の中の活性炭に、水の通り道ができてしまっているのと同じように、水の勢いがやや強いと、つまり、一時に多くの水が増えると、増えた分の通る道が決まった箇所だけを通って膀胱まで流れる感じになります。しかし、ちびちび飲むと、全身の血管にまで水が行き渡るので、尿意やトイレの回数はそれほど頻繁にはなりません。これはだんだんそうなるということですね。基本、水を飲まない人がなりますね胆石に。

人によって体がこれによって、力が入らなくなる人がいるそうです。それは水に対して塩が少なくなるからなので、塩分も合わせてしっかり取る必要があります。

2,糖質を少なく

糖質、つまり炭水化物をできるだけ取らないということです。完全に無理だとしても、血液の通りを悪くしますから、できるだけ少なくしたほうがいいです。

3,ゆったりジョギング

できれば毎日がいいんですが、息の荒くならない程度のゆったりした、ジョギングをします。運動不足から起こる病気でもあります。速筋でなく遅筋を使う事が全身血管を強くします。

一般にはコレステロールを取らないとか、言われますが、基本、水とゆったりとし運動があればいいのですし、それを阻害しない糖質の制限があればそれでいいそうです。

C先生によれば、上記の3つでなく、

1,一日生水を7L飲む。

だけで、全部溶かしきった人もいたそうです。こんな簡単な方法で、胆石が溶ける人もいるのですね!

スポンサーサイト

すべての人が同じようにはいかないかもしれませんが、これも1つの事実でありますので、イシモチの人は試してみられたらと思います!かかったのは水代だけ!

kenko-waza.com
【驚愕】胆石を自分で溶かした男の話!本当にやり抜いて胆石克服した!費用0円!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る