【革命!】肝臓肥大、肝臓充血を防ぐ!肝臓の硬化も防ぎ顔色も変化!肝臓諸病予防に!

【革命!】肝臓肥大、肝臓充血を防ぐ!肝臓の硬化も防ぎ顔色も変化!肝臓諸病予防に!

驚くべき効果を発揮する方法です!
今回は、肝臓の血液循環を旺盛にして、鬱血や充血、幹細胞の硬化まで防いでしまうという画期的な手法です。
昔には知られていたものですが、本気で実行した人がいないので、知る人は知る!
といったものになりました。

正しく実行すれば、体感がまるで変わりますし、血液検査もしても違いが出ているでしょう。
重症化してしまう前に、肝臓の気になる方は、毎日実行してみてください。
肝臓の血液が入れ替わりますから、浮腫みもとれて肥大も防ぐので、肝臓病の境にある人は実行をお勧めいたします。
肝臓の血液入れ換え法は、実は以前にもご紹介している記事があります。

【伝統技!】自分で肝臓や膵臓内の血液を入れ替えられる方法が凄い!

今度の方法は、温める方法です。
誰でも知っているのは、肝臓は温めた方がいいということでしょう。
それはそうなのですが、方法をしっかり徹底しておかないと、気休め程度であって、実際には効果はあまりないのです。
ですからこの記事に出会った方は、以下の通りしっかりやってみてください。

肝臓肥大、肝臓充血を防ぐ!肝臓の硬化も防ぎ肝臓諸病予防に!
方法
!

1、こんにゃくを購入
2、それを塩茹でします。ひとつまみの塩(適当)を入れて、袋に入ったままを、ぐつぐつ煮ます。
3、沸騰して4分程度茹でたら火を切り、水分を拭き取ります。
4、タオルで何重かに巻きます。肌に当てても火傷しない程度、長時間当てていられる程度にタオルを巻いておきます。
5、右の肋骨下の境界あたりに胴体ごと巻きます。
6、冷めてくるに従って、巻いたタオルを外しながら温めを継続します。
7、温め始めてから30分程度で外してそのまま就寝します。
外し忘れて寝てしまっても大丈夫です。

実行時間は、
毎日上記1セット30分を一回行う。
これを2週間毎日行う。
その後、一日やらない日を設けて、次の日には、水で濡らしたタオルをあてて、冷やし気味にする。
これも30分と時間は同様です。
スポンサーリンク




その後、10日間、こんにゃくの温めを同じように行い、
1日やらない日を設けて、翌日同様に、冷やします。

その後、7日間、同様に温め、1日休み、1日冷やし。
その後、5日間、同様に温め、1日休み、1日冷やし。
これで一旦終わりです。
続けて行う場合は、10日間休み、また最初からになります。

温めて冷やすことで、幹細胞を収縮拡大させて、血液を吸い込んで旺盛にしながら、また、逆に冷やして収縮させ、血液を外に逃がす運動をさせるものです。

しかし基本的に肝臓は温めておくのがよく、冷やすことは良くありません。

しかしこの方法では、連続で温めることを徹底して行えば、冷やす行為が、血液循環を旺盛にすることに、トータル的にはなりますので、温めっぱなしにするのでなく、相対的に、逆の刺激を与えるようにしています。
スポンサーリンク




疲れにくくなった、顔色が良くなった、肝臓の数値が正常範囲内に入った、など、多くの効果体験が寄せられています。
基本は30分ですが、就寝前に布団で行うと、そのまま取り外しを忘れて寝てしまう人が多いようです。
しかし、これは大丈夫です。安心して、寝落ちしても結構です。
ぜひお勧めしますよ!

関連記事

おすすめ記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る