【衝撃】喘息の発作を薬なしで止めてしまう方法!病院も薬も無い僻地で発作がでたら?これが奥義だ!

喘息の発作には、通常、吸入器が必要であったり、医師の処方によるステロイドや気管支拡張剤などが必要とされます。しかし、喘息持ちの人が、病院も薬も吸入器も一切ない!

ところで、発作が始まったらどうしますか?

そういう人が、万が一の時のために喘息発作が起こったら、それを鎮める方法があるということを知っておいて欲しいですね。記事の取材協力をC先生にお願い致しまして、この記事を書いております。

喘息というのは、過保護的に育った人に多いという話を聞いていますが、最近では複合的な問題になって症状に繋がっていますから、そういう精神面だけでは説明がつかなくなってきています。しかし、喘息の発作というのは、咳き込んで、体液の調整をしようとしている働きだという事に気づけば、対処も自ずと見えてくるものです

まず、喘息の体質というのは、体液のPHが高い状態、つまりアルカリ性に傾いていて起こる症状なわけです。ですから、これを中性に傾ける方法をとってやれば、発作は治まるということになるのです。

体液のPHとは、リトマス試験紙などで判断が出るような、極端なPHでなく、本当に微妙な、ほぼ中性に近いアルカリ性であるけれども、その小さい範囲内の中でもアルカリに傾きがやや強いというニュアンス程度のものです。

では、どのようにして、発作を止めるのでしょうか?

実はこの発作自体は、体液を酸性に傾ける仕草になるのです。発作の苦しさは、自身の体液がアルカリに傾いて高い状態であるので、これを酸性に引っ張ってきて体を守ろうとする時に、体ができる精一杯の反応として、その人の体質を利用しながら、起こすものなのです。それが発作です。

この発作が目的としている、体液の平衡を、他の手段で達成してやれば、発作は役割を失ってゆくということなのです。

さて具体的な方法ですが、発作が起こったら、体液を酸性に傾ける作業をスグにすればOKです!
それには様々ありますが、ここでは冷湿布を御紹介します。

<喘息の発作が起こった時の対処>

1,発作をおこしている人を、椅子に座らせ机などにむけて前かがみにさせます。

2,そして、背中の肌をだします。男性なら上半身裸でもいいでしょう。

3,そこに、水で濡らしたタオルを準備し、背中を覆うように貼ります。(載せます)

4,そして、下敷きや団扇のようなもので、タオルに向かって、風をあおいでやります。

こうしてゆくとだんだんと発作は治まってゆきます。

このように、水などで冷やすと、体液は酸性に傾いてきますから、その性質を利用して発作を止めるというものですね。何も無い田舎の僻地のようなところで、発作が起きる場合は、これしかないでしょう。

発作を起こしている人の方は、冬なら寒くて堪らないと思います。(笑)
しかし、喘息の苦しみに比べたら何でもないでしょうね。

扇ぎ初めて、約1分から数分で、ほぼ発作の苦しみからは解放されています。

 

ちょっとした荒行ですが、こんなに素晴らしい効果がタダで体験できるのは素晴らしいと思いませんか?

「喘息の発作を薬なしで1分で止めてしまう方法!病院も薬も無い僻地で発作が!これが奥義だ!」
kenko-waza.com 健康の裏技 喘息の発作を簡単に費用0円で簡単に止める!

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る