<スゴイ技!>慢性鼻炎や蓄膿症で狭くなった鼻腔を手術無しで広げる方法!自作可能!

鼻炎 レンコンエキス

慢性鼻炎や蓄膿症で狭くなった鼻腔を手術無しで広げる方法!副作用皆無で自作可能!

健康の裏技サイト kenko-waza.com

慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎、蓄膿症が続くと、炎症により鼻腔内壁が腫れて厚くなります。
その結果、鼻腔自体が狭くなり、通る通路が狭まり、鼻声になったり、寝苦しくなった不快な症状がずっと続いてゆくようになります。
時には外科手術などで、解放したりしますが、相当のダメージが身体にもあり、予後も良くないこともあり、一種かけのようなものでしょう。
生命に別状がない故に、そのまま生涯付き合ってゆこうと考えている人も多いようです。

鼻炎なども場合でも、鼻水が鼻腔内になかったとしても、鼻が詰まったような感じになっていますから、就寝時には、苦しくて自然に口呼吸で寝るということにもなり、それらが心臓病や肺炎の原因にもなりますから、ただ不快なだけでなく、あらゆる面で不利な状態だということになります。

 スポンサードリンク

これを治す方法として、マキロンなどの消毒液をガーゼに含ませ、長いピンを使って鼻腔内に押しこみ、内壁の炎症を直接とってゆく方法もあるようですが、結局、常にこれを継続し続けないと、また元に戻るといことになっています。除菌の連続で、抵抗力を奪われた鼻腔内は、かえって菌に対して脆弱になるので、依存的にならざるを得ませんし、画期的ではあったのですが、薬品で抑える状態にはかわりはありません。

今回のテーマである「鼻腔」の解放ですが、マンガチックというか単純というか、迷信に近い発想から始まって、それが結局、医学的に正しかったということがあとで判明することもあって、面白いと思うことが多いのですが、鼻の穴になぞらえて、穴の空いたものを食べると良いというところから、「レンコン」が発想されてきたケースがあります。これは、「喉」の痛みや炎症にも、「レンコン」がいいという知恵があるそうですが、これは当たっているという事だったのです。それどころか、この「レンコン」は、ある方法で体に取り込めば、鼻炎の解消や、狭かった鼻の穴の通りが広くなって解放された!という体験が続々とでてきたのですね。

マキロンにも抗炎症作用がありますが、レンコンの抗炎症作用には副作用がありません。というか、炎症を抑える方法が違うのですね。レンコンには、ポリフェノール、タンニン、ムチンなどと乳酸菌を配合した物が、アレルギー免疫効果と共にアレルギー抑制効果を刺激する役割がある事が証明され、多くの方々が、レンコンを利用してたくさんの恩恵をうけるようになりました。

さて、レンコンをどのように使うのでしょうか?

ずばりその名も、レンコンエキスです!

飲み物として、鼻に直接入れるものとして、利用します!

<作り方>
準備
レンコン60g
水 300g
オリゴ糖 小さじ2杯

作り方
レンコン60gを表面をよく洗って5mm〜1cm厚さで輪切りにします。
この時に、絶対に皮を剥かないことです!
そしてアク抜きをしません!
このレンコンの皮の部分に、ポリフェノールの大部分が密集していますから、これを剥くと効果が激減します。

そして、切ったものを鍋に入れ、水300gを入れて煮ます。弱火で煮ますが、7分から8分煮て火を止めます。
煮汁を保存容器に移します。その300gのエキスに対して、オリゴ糖を小さじ二杯入れます。
このオリゴ糖は、レンコンエキスの効能成分であるポリフェノールの体内吸収を良くするために入れます。

これでレンコンエキス完成!

 スポンサードリンク

毎日、朝昼晩60ccづつ飲む事です!

鼻腔が狭く、鼻声で困っていた人が、2週間くらい続けたら、鼻の通りが断然よくなったと喜びの感想がありましたし、アレルギー性鼻炎で苦しんだある女性は、10日間で鼻炎が治まったという嬉しい報告がありました。一日で、鼻炎が半減したという人も多くいました。効果があることは間違いないでしょう。

更に、レンコンエキスを鼻に入れる方法もあります!
レンコン薬です!
30分かからずに、鼻の通りがよくなり花粉症の症状が半減したという方法です!

<方法>
レンコン60gをすりおろします。それをカーゼで絞ります。
出てきた汁を、綿棒につけて鼻の奥に付けるか、或いは、霧吹きにして鼻の奥に噴射するという方法もあります。
この噴射法の場合は、直前に少し水で薄めます。
就寝前には、カーゼに染みこませたものを鼻に入れて寝るという方法もあります。
これも本当に効果がありますので、お試しください!

鼻腔内の広げる画期的運動方法発見!下の記事もごらんください!

【本道場発見!】自分で鼻腔を広げ鼻呼吸睡眠達成!イビキや鼻炎解消した超意外な健康技!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る