<簡単で感動絶大!>乾燥かゆみ撃退法!ホントの痒みの原因が発見されました!3週間実践を!

kayumi

<簡単で衝撃!>かゆみ酷い人に!痒みの意外な原因が発見されました!3週間やってみて!

全身が痒くなる症状がある方いらっしゃいますか?
特に大きな疾患が隠れている場合を除いても、この痒みというものは、厄介なもので、どのようにしても症状がおさまらない、薬を変えながら、だんだんそれも効かなくなる。。。という繰り返しをしている人もいるでしょう。。

アトピー性皮膚炎や腎疾患などの病名が明確にないにもかかわらず、かゆみが止まらない、特に乾燥肌によるかゆみが本当に多いのだそうです。

身体の基準が全体的に、現代人は、「保湿」に弱い特徴を持っているようです。

しかし、この保湿を怠らないように、しっかりと保湿クリームを塗っても、一瞬は楽になったようだけれどもかゆみが収まらなかった人、また保湿をしても全く効果のなかった人など、様々なケースを見てきました。

しかし、最近発見された皮膚疾患に関する研究によれば、慢性化して常にかゆみを持っている人は、皮膚下のかゆみを感じる神経線維が発達してくるということがわかりました。特に、痒みの刺激を常習的に受けていると神経の網、神経線維が皮膚の表面、つまり、肌の表面に向かってどんどん伸びてくるというわけです。
ですから、個人差もあるのですが、この痒みを感じる神経線維が敏感になって、皮膚表面によく伸びてきている人の肌は、少しの刺激で、少しの乾燥でもかゆみを感じるようになりますし、保湿をして乾燥しないように補ったとしても、神経は皮膚表面にありますから、乾燥条件以外の些細なものにも反応して、敏感に反応するようになってしまっているのです。そうして、肌をひっかけば、また神経がのびてくる。。。この悪循環だったわけです。。。

さて、このようなケースであるにも関わらず、乾燥肌のかゆみをある簡単な方法で、感動体験をした人がどんどんでてきました!
ここでは、その秘訣を紹介したいと思います。

<方法>
1,風呂に入ります。純石鹸(シャボン玉石けんなど)で身体を洗いますが、ごしごしこすらないこと。こすると、また神経線維が伸びてきます。
2,風呂から出たら、肌に水分が残っている間に、素早く保湿クリームを塗ること。特にかゆみのある部分に。
3,これを、最低3週間続けること。

たったこれだけです。。。

保湿をすることがポイントなのですが、ここではそれに加えて、神経繊維が刺激をうけることが(つまり掻くことが)すくなくなってくると、また元に戻って神経が引っ込んでゆくということが解ったのです。相対的には、その上の皮膚が再生して、肌表面から深い位置に戻るということでもあるんですね!そして、その最低期間が、3週間程度だということでした!

この簡単な方法で、乾燥肌によるかゆみを減らして殆ど感じなくなってしまった人が沢山います。要は、保湿でかゆみを治めることを3週間する!それで、神経線維を伸ばさずに、元の皮膚の再生がでてくるまで3週間ということなんですね!
お試しアレ!

(当サイトは、病気の治癒等を保証するではなく、健康法情報や個人の感想や実体験を紹介するものです。自己責任においてお読み下されば有り難いです。)

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る