【副作用無し!】重病者/高齢者の足の浮腫がみるみる取れた凄技!

重病浮腫解消の裏技1

重病者や高齢者の方々で、足の浮腫(むくみ)が急にでて来ることがあります。勿論、これを読む若い方々にもぜひオススメしたい方法ですが、浮腫が腎機能の問題が大きいので、高齢者などに至っては、誰しも運動療法では難しくなりますが、今回の方法は、いとも簡単に実行が可能ですし、結果が見えやすいです。

重病浮腫解消の裏技2

勿論、今回のご紹介は若い人にもオススメできます。殆どの人が知るところがない、浮腫を解消するための超画期的方法なのですが、聞いて誰もが驚く方法だと思います。

現状としては、腎機能を鼓舞してやる方法として、様々な薬剤も使用されていますが、足の浮腫に関して、従来の薬剤ではイマイチ芳しくなかった浮腫の引き具合も、副作用も皆無で、みるみる解消してしまったという体験実績のある、素晴らしい方法をご紹介いたします。

あまりに簡単!

いままでの数多の手法をご紹介してきましたが、おそらくこれほど画期的で簡単な方法は無かったかもしれません。どなたでも家庭で簡単に実行可能です。

浮腫を取るには、腎機能が鼓舞されなければなりません。当然ですが濾過の復帰が始まると、尿の量が増えなければなりません。尿がどんどん出て、足の浮腫もとれてゆく(実際は全身が浮腫んでいるんですが、重力で下に降りてきているだけ)ようにならなければなりませんね。

重病浮腫解消の裏技1-2

通常、利尿剤で浮腫をとろうとすると自然な方法にはなりません。利尿というのは結果だからです。尿を出すという、出口だけを強制的に促して(水の移動だけで)浮腫を解消しようとするのは、やや不自然です。というか、それが薬(利尿剤)などの役割なんでしょうが、そういう方法しか今までなかったのでしょう。

利尿剤の副作用としては、倦怠感や脱力感が出てきたり、逆に尿が出なくなったりすることがあるようです。

清水をよく飲むことで浮腫を解消しようという方法もあるようですが、水を処理できない胃腸の持ち主に多いですから、却って負担となり、腎機能も復帰していないので、浮腫がひどくなる人もいるでしょう。体液phも傾いてしまいます。

そこで、利尿作用がありながらも、薬剤のような副作用の心配もない、また腎機能を自然に鼓舞しながらも、無理のない、身体に優しい浮腫取りの方法をご紹介いたします。

それは2つあります!

まず1つはなんと、

マスカットのある部分です!

重病浮腫解消の裏技3

巨峰やピオーネではどうか?という人がいますが、残念ですがこれは、マスカット(もどきでなく本物のマスカット)でなければ駄目なようです。

ぶどうでも緑色のものでなければ浮腫は取れない事になっているようで、その中でもマスカットが実質的な効果を出せるようです。ピオーネの緑色のものは、試して見ましたが、残念ながら駄目でした。。。

実は、マスカットの「皮についている実の部分」に、その効果が凝縮されています。

その部分だけを食べよといっているのではなく、実も食べていいのですが、食べることさえ、困難な重病者や高齢者の方々には、マスカットの実をとって、皮の内側についた実の部分だけでも食べさせてあげれば良いのです。

そういった場合は、2つ方法があります。
1つはお世話する人が、マスカットの実をとって、内側についた実をスプーンで、まな板やこさいで(削って)それを口元に持って行ってあげるという方法です。手間ですが、やる価値はありますよ。

もう一つは、実をとってあげた皮をそのまま、口にいれてあげて、くちゃくちゃ噛ませてあげて、しばらくして出すという方法です。実の皮の内側についた部分を、噛んで食べるという感じですね。手間もかかりませんから、これも実践的です。

または、皮ごと全部食べることができればそれが一番いいでしょうね。

重病浮腫解消の裏技4

このようにして、マスカットの皮の内側の実の部分が、体に入るようになると、副作用絶無の、浮腫取り向けて体が動き始めます。

そうすると、次第に尿がどんどん出るようになりますが、副作用は利尿剤やその他の薬剤のように皆無ですし、みるみる浮腫も取れてゆくのがわかる筈です。3房程度用意して、3日間程度の期間で、分けて食べればいいでしょう。

スポンサーリンク

本人が美味しいというのであれば、少し多く食べても問題はありません。その間にも、浮腫が取れてゆくのがわかると思います。当然、尿量も良く出るようになります。

さて、マスカットを食べる以外に、もう一つ方法があります。

マスクメロンの皮側の実を食べる

マスクメロンです。その皮側に近い部分の実を食べるという方法です。

実は、これも、プリンスメロンやアンデスメロンではなく、マスクメロンに限られます。重病浮腫解消の裏技5

温室栽培の「アールスフェボリット」がメインなると思いますが、有名なのは静岡県産のクラウンメロン、高知県産のアールスメロンなどがあるでしょう。(高いな。。。)

アンデスメロンなどの他の安いメロンでは効果がなかったようです。また夕張メロンのようにオレンジ色のメロンは効果が出ません。不思議なのですが。理屈はわからないけれど、仕方がない。。。

重病浮腫解消の裏技6

メロンの皮の部分というのは、皮に近い硬い実の部分を、スプーンでこさいで(削って)食べるということをします。

高いマスクメロンを何個も買えませんから、とりあえずの効果を見る分には、1個あれば大丈夫かと思います。

身体が弱って体力がない高齢者には、メロンよりマスカットがより滋養もあり体力復帰のためにも良いのではないかと思います。

スポンサーリンク
実例

これは極端な例かもしれませんが、余命幾許も無いと言われていたいご老人が、足が浮腫んでパンパンに腫れていました。そこで、このマスカットの実を皮の部分だけを食べてもらっていたところ、どんどん尿が出て、足の浮腫もどんどん引いていって、まったく回復してしまったという方もおられました。ご高齢の方です。
ご本人の体力の無い中で、利尿作用だけを働かせてやるというのは、必ず副作用が起こりますから、やはりこのマスカットやメロンの浮腫取りがいいのだと思います。

また医学が解明したわけではないようですが、このような実際の結果をみますと、この方法は、浮腫を取る過程で、単なる利尿だけでない働きを持って、それを成すのだと思います。

こうやって、自然の中に、人間の体が弱った時に必要なものが、実はたくさんあるのだということに気づかされます。自然に感謝!

では!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る