【革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!

【革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!綿棒8

花粉症の季節が年々長くなっていると思われるほどに、患者の人口も増えており、症状も酷く、治りにくくなっているのだと思います。鼻水や目が痒くなるものから、全身の倦怠感に至るまで、本当に厄介な病気になってしまいました。

花粉症ピタリと出なくなった!

この花粉症の症状に悩まされていた女性が、ある方法を実行したら、全くその日は花粉症の症状がピタリと止んでしまったというお話です。実際に試してみましたが、確かに鼻水が全く出ないのです!

耳鼻科に行くでもなく、薬を飲んだのでもなく、たった一つの簡単なあることをしただけなんです!

根本から改善したということではなく、あくまで、花粉が飛来し鼻の中の粘膜や、目の周りの粘膜へ飛んできても、それらを遮って守って、症状を出さないままに過ごせるというのですから、なかなかのものだと思いませんか?

たった数百円の予算で!

しかも、たった数百円の予算で1シーズンを過ごすことができるのです!おそらくこの方法は、全国の花粉症で悩む方々に朗報でしょうから、流行るかもしれませんね!

では、誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!をご紹介いたします!

準備物

1、純度の高いワセリン
「サンホワイト」

革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!1
2、綿棒
のみです!

【革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!綿棒8

方法

1、綿棒で「サンホワイト」を適量とり、鼻の中に塗ります。

【革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!5

2、目のかゆみのある場合は、目の周りにも塗ります。

【革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!7

手を良く洗ってから行います。鏡をみながら行います。
綿棒がやりやすい人はそれがいいでしょう。
以上です。

朝、出かける前にこれをやってみてください。症状は全く出ないでしょう。あるいは、ほとんど出なくなるでしょう。ワセリンそのものが、粘膜を保護して、花粉からブロックしてくれるようです。

ポイント

すでに症状が出てしまっている上で、これをやっても、すでに出てしまっている症状が治まるということではありません。ので、そういった効果は期待できないでしょう。ただ、塗った以後に飛来してくる花粉に対しては、ブロックされますから、塗り忘れたら、その時から塗ってみましょう。

ワセリンについて

粘膜に触れるので純度の高い、つまり不純物の少ない、あるいは無いものほど適切ということになりますから、製品によって多少の違いを理解して利用されるべきでしょう。

スポンサーリンク

1番のおすすめなのは、先ほどご紹介した
「サンホワイト」です。59gで、ネットでは(AMAZON)982円です。
ワセリンなのに、やや高めなのは、それだけ純度が高いからで、不純物も少なくおすすめです。
純度が高く、最も白いというか透明度が高いです。写真は冷えているときなので白くみえますが。

革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!4

サンホワイトのワセリンがない場合、あるいはもっと安いので試したい方は、
次にオススメのものを以下にご紹介いたしますので、参考にしてください。

サンホワイトの次におすすめなのは、
「ワセリンHG」です。100gで、ネットでは(AMAZON)366円です。

革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!2
価格が安いです!安い割には純度が高いのでこれもおすすめですが、わずかな不純物に敏感な人だという人には、極力「サンホワイト」がおすすめです。大抵の人は、この「ワセリンHG」で十分かもしれません。

さらに入手しやすいワセリンとしては、

次におすすめはみなさんご存知の、
「白色ワセリン」です。

革命!】誰でもできる!花粉症の症状が一切出なくなった!超簡単健康技!3
50gで、500円程度です。どこの薬局でも必ずおいてあります。やや純度は低いのですが、医師でも利用する基準は持っています。

スポンサーリンク

結局、ワセリンが、粘膜を花粉を守るということです。
粘膜をほとんど花粉の粒から守ってくれる働きがあるということですね。
塗布する際に、強くこすらずに、優しく伸ばすように塗ります。
綿棒の使い方に気をつけながらお願いします。
経験上はやや厚めに塗っても大丈夫でした。

これは守りに入る方法なのですが、基本的に、無害です!
これは本当に有用でしょう!
これは安価な予算で、効果絶大の健康技です!

今からでも、ぜひお試しを!

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る