<加齢臭が消えた!>こんな簡単な事でどうして加齢臭が殆ど消えるのか!超簡単大発見!

加齢臭

年齢と共に出てくる加齢臭!

「健康技」kenko-waza.com
昔は加齢臭という言葉もあまりありませんでしたが、今は若者がとても嫌がるので、この語彙がいつになってもテーマになっており、中高年以降の男性女性はとても気にするようになりましたね。個人差もあるのですが、この加齢臭はなんとかならないものですかね?

口臭と同じように加齢臭も自分ではなかなか臭わないものです。一番いいのは人に判定してもらうことなんですが、ここでは、加齢臭を退散させる画期的方法を御紹介したいと思います。

無数に方法は謳われていますけども、とても根気がいるしお金もかかるし現実的でないものが大半です。。。そこで、健康技では、加齢臭のデドコ(出所)と、その正体と、消し方の3つにわけてお話してみたいと思います!

まず加齢臭の出る場所なのですが、体のどこだと思いますか?首筋や脇だと思っている人や、全身からまんべんなく出ていると思っている人が多いのですが、実際は、胸と背中の中央部分が80%以上だったのです!その次には、顔、頭や耳の後ろなのです!そしてその正体は、なんと皮脂でありました!

スポンサーリンク

皮脂は通常匂いはないのですが、加齢臭の皮脂というのは、加齢によって古くなった皮脂が出てくるときに匂いを持つといわれています。つまり、古くなり匂いを持つ皮脂が、胸と背中の脊椎にラインを中心にその両側から良く出てくる事がわかってきました!

そして、その匂い自体の成分は、ノネナールという物質がその正体なのですが、これは、皮脂が古くなった時に、酸化したり、或いは中の微生物によって分解された時に生成される物質なので、これが匂いの元となっているのです。

さて、このノネナールを除去する方法はあるのでしょうか?

まず単純に、自分の胸、背中、頭、顔、耳の後ろなどの皮脂を、洗い流すことなのです。
特に、朝の段階で、湯で洗うことが大切になってきます。

<方法>

朝起きると就寝中に出てきた皮脂が胸と背中、そして顔と頭にありますから、これをシャワーで洗い流します。人によっては、洗わずに、シャワーを2分かけ流すだけで、殆ど加齢臭がしなくなったと家族が喜んだという例も聞きますが、基本は、洗ったらいいと思います。ただし、洗いすぎると、皮脂が取れすぎて、それがまた新しい皮脂を呼ぶことにもなりかねないので、ある程度皮脂は残すのがポイントなのです!
ではどの程度洗うのが良いかといいますと、湯で、シャワーなどを当てながら、指や手のひらで擦るのがいいでしょう。顔はこすりすぎてもいけませんが、表面の皮脂を取るような間隔で指や手のひらでややコスってみながら、湯で洗い流します。背中は、タオルを使わないといけないでしょう。

高齢者の加齢臭は、結局、皮脂がそのままなんですね。。。
ですから、毎日、表面の皮脂だけでもとってあげていると、皮脂は出てきても、古くはならないので、匂いはしないということなんです。しかし、取り過ぎると、乾燥を防ごうとおもって、皮脂の量も増えるから、また取りにくい状態になりやすいわけです。

また或いは、蒸しタオルなどで、胸、背中、顔、耳の後ろなどを拭うことも効果があります!

スポンサーリンク

加齢臭用の消臭グッズもあるでしょう。しかし、この古い皮脂をとることをやった土台の上で用いれば、万全でしょうね!
悩んでいる人は、お試しアレ!
「健康技」kenko-waza.com

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る