【最新方法】花粉症無くなっちゃった全く意外な体験が今話題!

花粉症 筋肉
考えられない体験例

花粉情報を聞いただけで、鼻がむずむずする人も増えたのではないでしょうか?大気汚染と複合して起こるのか、本人の免疫力の低下も相まって発病するのか、無数に情報も氾濫しているし、その数ほど対策のグッズも数多に販売されています。

ここで、花粉症を撃退してしまった具体例(体験例)の一つを、最新情報として今回ご紹介いたします。50代男性会社員の方なのですが、5年間ずっと花粉症の症状が酷く、営業でもあったので、真っ赤な目と鼻を突き出してかゆみと鼻水の連続で顧客との対面ですので、あまりに仕事がはかどらず成績も落ち「首」も覚悟しながらの、通院生活であったそうです。ところが、病院にいっても一向に酷くなるばかりで回復の兆しがない。。。そこで縁あって試してみたのが、今回ご紹介する方法です。この方法で花粉症を見事克服してしまった体験談です。

医者のなにげない一言から

それは筋肉をつけるという方法でした。

花粉症 筋肉つける

免疫力ということを考えていろいろ試してはみたのですが、ある医者に血液の量が相対的に足りていないし、免疫以前の問題だと言われてのがきっかけでした。続けて、血液の量は筋肉の量に比例するから、いまからあなたは筋肉を十分につけなさい。と言われたそうです。そこでその男性は、タンパク質の量を食事で増やしながら、たまにプロテインもとったそうですが、ウェイトトレーニングで、筋肉増強を意識して頑張ったそうです。開始した時期には変化はさほどなかったそうですが、半年頑張って、体の筋肉がややついてきたのが外目にもわかるようになりました。スリムにもなりましたが、腕をみても明らかに筋肉だとわかるほどに(ムキムキではありませんが)なりました。そして、次の花粉の時期を迎えたとき、なんとほとんど症状がでなかったそうです。ここ5年間で初めてだそうです。

スポンサーリンク
血の量が増えた!

筋肉をつけるということは、保持できる血液の量が増えるとともに、運動によって常にその増えた血液も循環し続けていますから、免疫ということをあまり考えなくても、それらが何らかの影響をもたらして、解消できたのではないかと思います。後日談ですが、アドバイスした医者もここまで結果が出るとは思っていなかったらしく、でも、健康のためには、ある程度筋肉をつけたほうがいいという基本的な助言のつもりだったようですが、本人は花粉症の克服目指して頑張ったわけですね。

全ての人に当てはまるかどうかはわからないのですが、他の対策は一切やってなかったそうですから、この筋肉を増やすという条件が血液を変え、症状を解消できた可能性が非常に高いのではないかと思うのです。

スポンサーリンク

ボディビルダー目指してトレーニング始めた人が花粉症にならなくなったという話を聞いたことがありますが、これはもしかしたら大発見でしょうか・・・?

ちょっと自分は筋肉量が少ないとか、痩せすぎとか、そう自覚のある人は、花粉症以前に、健康増進のためにもいいわけですから、一度ダメ元で頑張ってみてはどうでしょうか?

保存

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る