【解明!】本屋で便意がやって来る件!完全本質解明!

まず、自分に関心事があって、或は本自体や情報の宝庫があって、そこに向かうわけですから、習慣的に向かうバス停や病院や仕事場に行ったというのとは違って、基本的には「能動的」であるし、「主体的」であるし、受け身ではありません。この本人の意思による能動性がまずあります。その上に、本屋に来店した時に広がる「情報」の山を見ながら、この情報の出会いによっては、自分の未来をどのようにでも変えられる!という可能性に刺激を受けるのであります

便意が来る場合と来ない場合

勿論、イヤイヤ、やむを得ず苦手教科の参考書を買いに行かされるというシチュエーションであれば、「受動的」であり、受け身なので、いくら本屋に行っても「便意は起こらない」のであります。

つまり、わくわくというのは、自分が主体的で能動的で、この目の前の情報媒体=『本』によって、自分の未来の可能性が広がるのを自分自身で感ずる時、極めて高いリラックス状態に入ります。このリラックスは、微睡むようなものでなく、寝てしまっているようなリラックスでなくて、

能動的なリラックスです。これがわくわく状態といっていいでしょう。

ワクワクといっても顔までニコニコするという意味ではありませんが、謂わば、緊張が解けつつ、本来の生理が自然に発揮されるような状態のことえをいいます。

腸との関係

これは皆様もご存知のように、副交感神経を刺激します。ですから、この自立神経の働きによって、腸管も緩んで動き出すようになります。

本屋 便意1

便意は、直腸(腸の肛門に近い方の出口)にまで、動いて差し掛からないと、起きません。ですから、大腸の内容物が、副交感神経による解放と、下行結腸の蠕動運動から、直腸に降りてくると便意が徐々に起きてくるようになります。これが、本屋で便意がやってくる真因です。

スポンサーリンク
嫌々だと便意は来ない!

それを証拠に、先ほど申し上げましたように、受動的に嫌々来店した場合は、便意が起きません。しかし、こういうケースはありますよ。例えば、嫌々来店したけれども、本を沢山見ると、興味ある情報が目にどんどん入って来て、結果的に便意が起こった!ということはあるでしょう。それは、この説の正しさを裏付けるものとなっていますね。

これが解答!

本屋に限らず、デパートでも、電気屋でも、なんでもいいのですが、来店した状態、展示物や商品を見ながら、自分の意識が能動的になっていること、そして、目に映るものに対して自分が、主体的に選択できる状態である事が条件です。(つまり便意には人に干渉されない状態が条件になります。)

本屋 便意

更には、それによって自分の生活や未来が良くなってゆく、変わってゆくという希望的な可能性を、その商品から、展示物から、或は情報から感じて刺激を受ける時、便意が起こるようになっているのです!様々な対照実験を試みましたが、これが正解です。
しかし、これには本質が説明されていませんので、次に解説します。

スポンサーリンク
便意が起こる生理的理由とは?

では何故、人はワクワク系のリラックスだと、便意が起きるようになっているのでしょうか?
人間の生理現象というのは、必ず目的があってそれが起こるようになっています。

ここには、驚きの「腸」の努力があったのですね!(次ページへ)

ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る