<謎解けた!>「ゲップが止まらない」信じられない原因発覚!この習慣性を正そう!

ゲップが止まらないという人、実は意外に多いんですね。

人前や、話をしている時などはとても苦労します。セールスマンや講師業のような人たちはどんなに悩んでいるでしょうか。。。最近解ってきた事なんですが、これが大きな病気を疑うというよりも、実は意外な「簡単な事」が原因で起こっていたという話です。

それが日常的にその人が持っている習慣性でなることなんですね。酷い人になると、ゲップからそのまま嘔吐になって吐いてしまう人までいるのです。

ここまでくると病気を疑うわけですが、実は、そういう人も、ここからお話する内容を心得たらだんだん程度がよくなって、完全に治ってしまったというから驚きます。さて、それはどんな習慣性だったのでしょうか。

ゲップが沢山でるということは、どういうことかというと、通常は沢山ご飯を食べた後などに出るというのなら普通でしょう。しかし、頻繁にでるということは、その沢山の食事をしたあとと同じような状態に胃の中がなっている!ということが推察されますよね。

胃の中には口から入ってきて飲み込まれた「空気」が通常より多く充満している状態になっているわけです。その習慣性とは、その人の口です。口の動作をみていると、口をよく動かして空気を飲み込むような動作を繰り返しています。本人は、空気を飲み込んでいるという意識は全くないそうです。この空気飲み込みは、完全に無意識で、口を動かす時に、自然に起こっていしまっています。口の中の歯、上と下の歯をよく噛み締めたり、噛み締めたままにしたりしています。

その時に、唾液が自然とでてきますよね?その唾液を飲み込む時に、空気も一緒に飲み込んでしまっているわけですね。些細な量の空気なんですが、これは瞬間瞬間繰り返されると、胃の中では、胃液と混じって大変なガスの量となってくるわけです。

これは、ゲップ大量発生の原因だったわけですね!
では、それはどのよううにして改善すべきなんでしょうか?

スポンサー リンク

噛み締めや、噛みつけを無意識でやっている人は、心で空想というか、過去を思い描いているか、フラッシュバックが多いとかとにかく内向的な人が多く、仕事をしていても、他のことを考えながら動作をおこなっているという場合が多いです。口の中の動作というのは、割合、人の心の動作でもあるわけです。

歯ぎしり位になると分かりやすいのですが、日中の歯の動きなどは、あまり意識しませんから、他人も自分もわかりにくいのですね。悩みやストレスや深い思いや考えの中に入ると、歯を知らずと食いしばる癖があるということなんですね。。。或いは物を考える時に、歯を食いしばったり、食いしばった状態で
力を入れたりと。。。本当に無意識ですね。。

見分け方なんですが、舌を見てください。。。鏡でですね。。。

ゲップ止まらない 舌

舌の両側をみると、そういう人は歯の形が舌の輪郭に沿って付いています。。。歯型がですね。。食いしばりや、口パクの状態が強いか頻繁だと、この舌の両側に歯型がつくんですね。そういう人も、この習慣性を直してやれば、舌の歯型も取れてきますし、ゲップの回数も激減してくる体験が多いです!

スポンサー リンク

根本的には、この習慣性を克服するしかありません。歯の噛みあわせに込めていた人は、それをやめることです。しかし、無意識にやってしまうので、その無意識動作に気付く事が重要です。デスクワークでも、労働でも、とにかくその習慣性に気付くためのシールやメモ書きや腕輪でもいいんですが、それを目につくところにおいてやったり、身につけたりしながら、日中、それに気づくと、それをやめる、無意識で口を動かしたり、噛み締めたり、唾液が出るような、それを飲み込むような動作に自ら日中、気付くことなんですね。分かりやすいのは、メモ書きのようなものに、
「口の中!」
とか書いておけばいいんでしょうね。そこに口で息で吹きかけるような動作を習慣化すれば、ガスを吐き出す作業にもなりますから、解消してゆくでしょう。

自覚が改善策ですから、次第にそのような気づきのグッズはいらなくなります。そして何よりも、自分の心の癖にも気づき、また治すことになるでしょうから、本当に大切にこのことを理解してくださればと思います。一例ですが、一ヶ月で、ゲップが3分の1程度に治まって、3ヶ月で殆どでなくなるようです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る