<まさか!>信じられない!これでウガイをしたら感動的!インフルエンザ予防になる体験!

C型肝炎 コーヒー

<まさか!>信じられない!これでウガイをしたら最強のインフルエンザ予防になる事実!

毎年、毎年、必ずその季節がやってきますが、インフルエンザの何型だ、何型だと。。ですね。。

国外、国内に関わらず、死亡者のでないインフルエンザなんて有り得ないですし、みなさんも一度かかったら本当に深刻な状態に陥って、一週間以上も時には半月もひきづることがありますよね。

実は、予防接種もいいんですが、異物をできるだけ体に入れないことを心がけている自然派の人や、予防接種も薬もない環境や状況にある人には、絶対にオススメな、健康裏技方法が、実は、これだったんです!

紅茶うがいです!

そのままです。紅茶でうがいをするだけなんです!

私自身も毎月風邪か或いは熱を出していた悲惨な数年間の時期があったのですが、ウガイをするようになってピタリを止まった経験がありました。しかもそれは、ただの水だったんですがね。。。

スポンサーリンク

しかし、この紅茶うがいというのは、更に凄い効果なんです!
元々、イギリスでは、コレラ菌対策で紅茶を飲むようになったと言われていいるくらいなのですが、この紅茶の成分の中には、ある抗菌作用をもつ成分が含まれていたのです。

紅茶の赤い色は、実は「テアフラビン」という、菌を繁殖させない強い抗菌作用をもつ成分が多く含まれていまして、世界中にある、様々な菌に対しても、相当な抗菌作用を発揮したというのです。

国内の研究グループも、この紅茶の「テアフラビン」成分に着目し、水と市販のうがい薬、紅茶の3種類で対照実験を行いました。その結果、ダントツで、紅茶うがいによる、インフルエンザの発生率(罹患)が低かったという結果が出たのです。

なにげなく飲んでいる紅茶にこのような効果があったということですが、うがいの為だけに紅茶を1パック使いたくないというような人は、安心してください。もう、出がらしになった紅茶のパックでも十分だそうです。色が少しでもでてくれば、「テアフラビン」がありますから。

そして、できれば、うがいは、喉の奥まで入れるようにして、吐き出してください。(まあ、飲み込んでもいいですが)

<詳しい飲み方>

1,紅茶をある程度冷ましたものを利用します。(当たり前か)色が出ていればいいです。
2,口に含んでウガイの体勢になりがらがらやります。
3,その時に喉には左右にやや空間がありますから、顔を上に上げた状態のまま、頭全体を右や左に倒しながら、がらがらをやります。そうすることで、喉の左右の空間にも「テアフラビン」が行き渡って、これがインフルエンザの罹患率を更にさげることとなるからです。
4,左右の喉空間に行き渡ったと思ったら、吐き出す。最低これを2回は行う。

スポンサーリンク

あくまで、これは、予防ですので、かかった患者さんを治すものではありませんからね。
ニュースでインフルエンザの話題が出てきたら、毎日一回はやったらいいでしょう。特に帰宅してからですね。

関連記事

おすすめ記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る