【解明!】赤ん坊の顔面アトピー性皮膚炎の原因と驚くべき感動ノウハウ!

乳幼児アトピー

生後数ヶ月の赤ん坊の顔がアトピー性皮膚炎になっているケースを良く見ます。
可愛いお顔が、かわいそうな姿に映ってしまいますね。

出産直後からアトピーで産まれてくる場合もあるようですが、ここでは、生後数ヶ月から出てくるアトピーについての感動対応をお伝えしたいと思います。

<10人中8人が、4ヶ月以内で体験!>

結論からいいますと、半年もかかりませんが3ヶ月程度範囲内においては、10人中8人は、この方法で、なんとも消失してしまいました!簡単に言ってしまいましたが、、、実際、この事を知っている人は今、殆どいないと思います。。。

まず、信じてもらえない事が多いですがね。。。。どっちかというと、母親の心理的側面の問題だけであって、10人中8人といいましたけど、ちゃんとこのような流れを守るならば、あとの2人もなんとかなっていたのではないかと思うほどです。。。あまりにも意外で、アトピーに詳しい人ほど、信じられないでしょうね。

まず、乳幼児の顔面アトピーは、以下の内容だけ理解すれば、9割近い確率で3ヶ月から4ヶ月はかからないで、ほぼ消失することがわかるでしょう。というより体験するでしょう。というか、もう体験したので、言ってるんですけどね!!あとの1割は、「アトピー性皮膚炎」や「乳幼児湿疹」ではなかった!ということになると結果的になりますね。

問題は、この時期にステロイドを使ってしまうということにあるわけです。殆どこの問題ですね。

<何故、顔にアトピーが?その正体は!>

まず、乳幼児の顔面湿疹やアトピー性皮膚炎がなぜ、起こるのか?ということに着目すればいいのですね。

乳幼児の身体の中で、最も成長の早い部分はどこかというと、まさに首から上の「顔」なんであります。

赤ん坊は、体の割合からみてもわかるように、顔が大きいです。顔の部分の首から上の細胞分裂がとても早いので、その成長に皮膚の細胞が追いつけない場合に、湿疹やアトピー性皮膚炎として出てくるのでありますね。だから、これらは病気でなく、普通の生理現象!なのでありました!なんと!

スポンサーリンク
<それを証拠に>

その証拠に、これは身体に対して首から上の成長のスピードが、相対的に緩慢になってくると、治まってくるのですね。これは、どの赤ん坊もその点は同じです。顔だけがどんどん大きくなって止まらない!ような例は当然ですが、ないですよね。

かならず、相対的にですが緩慢になってくるのです、顔の皮膚の細胞分裂のスピードがですね!!

ということは、いったいどういう事でしょうか?

つまり、「何もしなくても次第に消えてしまう」ものだったのであります!

ところが、その際に、様々な薬品やステロイドを塗りたくってしまうと、なかなか酷くなり、あるいは消失したようでも再発を繰り返すうちに、依存的になり、自然に消滅してしまうものが、こじらせて悪化させて、何年も悪化させたまま泥沼に入ってしまうという事があります。お母さんの心境は半端ではないでしょうね。。。

先ほど説明したように、4ヶ月かからないで、何もしなければ、自然に消滅するものです。食物アレルギーかどうかを心配している間に、だんだん軽くなって消えてしまいましたと、あるお母さん。

スポンサーリンク

ただ、顔が真っ赤になったり、じゅくじゅくになったり、血がでたりと、悲惨な姿になると、親としたらあせってあせって何か、対処しようとしますが、これは自然の生理現象で、皮膚が対応しようと頑張っているだけです。

<実は現代病ではなかった!昔からあったこの手の症状!>

実は、実は、昔から、この現象はあったのですね。最近になって多くなったのではありません。昔は放っていおいて、皆消えてしまっていたのですね。高価な抗生物質でも治らないという体験が積み重なってゆくと、「難治」という錯覚の沼にどんどん入っていってしまう事があっただけですね。

4ヶ月経つまえに、消失してゆく気配を感じられると思います。可愛いお顔が大きくなって見れると思って、少々の我慢ですね!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る