【大発見!】妊婦さん必見!お腹の張り!有り難い健康技!

つわり解消

妊娠した女性では経験しない人がいない、お腹の張り!これに見事に対応できる、僅か数十秒の技を御教え致します!これは健康技のオリジナルです!うちの妻にも試しましたが、実感が無かったときは一度もありませんでしたね。妻も相当、楽になる!といっていました。

 

<お腹が張るということ>

一般に妊娠した腹は、張っていますから呼吸が浅くなって、肺臓の収縮と拡大の運動が小さくなっています。物理的には胎児を匿った腹(膨張した子宮)が、上に上がって来て起こります。また、胃や肺臓を圧迫しています。精神的な側面も一部ありますが、そういう母体の状況の中でも胎児はどんどん育ってきます。そして私たちが呼吸しているのと同じように、羊水を飲んでは尿も出しながら、胎児も生活しています。詳細なメカニズムは断定できませんが、お腹が張るのは、肺臓が収縮拡大するのと同じように、母体も含まった、環境に応じた呼吸のようなものなのですね。張って固くなることで、なんらかの環境や精神に対応しようという働きであります。

物理的な解放を行うと、張ることによって達成しようとした体液循環を、代わりに代行できるようになるためなのか、殆ど、今回、お伝えする方法でもって、和らぐか、なくなってしまうという体験をします。ご紹介しますね。

スポンサーリンク
<妊娠した腹の張りを30秒で和げる方法>

1、図のように手足をついて4つばいになります。

つわり張り1

2、腰を左右に振るようにして、実際は、この動きで妊娠した腹を左右に小さくやや揺らす感じを意識します。

3、これで30秒から60秒行います。(この間に、嘔吐や張りが次第に和らいできます。)

何も無い時に、咄嗟(とっさ)に行う対処法としてはなかなかこれ以上のものはないのではないでしょうか。

ポイントとしては、2のところですが、「腹を重力でゆったり下げておく」という感覚が大切です。そして腰を床に対して平行に振るのですが、これは、重力で下げた腹をぶらぶら(はしないけれども)する感じで、結果的に、「妊娠した腹を体から離す」事をイメージします。つまり重力で下に下がった事を利用して、やや左右にぶらぶら揺らすことをやるのですね。

この事で結果的に、胃や肺臓の圧迫を取り去ってゆきますから、お腹の張りわずか数十秒で和らいでしまうか感じなくなる場合も多いです。

スポンサーリンク

そしてこの健康技の方法は、妊婦の張ったお腹に、臨月にまでなっていない段階であれば、腹が張って張ってパンパンになる(経験ない人はなんのことがわからないでしょうが)時に、に4つばいになってこの方法を行うと、確かに体験上、和らぎます。この場合は、実感としての感じ方には、多少の個人差はありますが、殆どの人は、おおまか楽になります。試してみてくださいませ。

当サイトの内容は病気の治癒等の保証でなく、健康法実践等による個人の感想や実体験の紹介ですが、ご理解の上ご愛読下されば有り難いです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る