<たったこれだけで良かった!>超簡単!怖い緑内障の最新治療法と完全発見法!

緑内障というのはなかなか怖い病気です。。

健康裏技情報の「健康技」kenko-waza.com
しかし、早い診断と最新検査法や、治療法を知っておくことは皆さんを必ず助けるでしょう。ここではそれを紹介していきたいと思います。
この緑内障というのは、実は進行していても自覚症状は全くないのですね。だから怖い。国内で360万人以上の患者さんがいて、毎年増え続けているという実 体があります。最初は、見えないということに気づかずに、うっかりミスだと思って、ドアにぶつかったりしますが、次第に酷くなって、やっと目の病気だとわ かる場合もあるといいます。

例えば、視野が欠けるといったらこのような見え方を思い浮かべるでしょう?

視野が欠けてくる病気なのですが、人間は、欠けた視野を、敢えて見ないようにしながら、生活してしまう能力もあるそうです。つまり、自分が見えないということを見ないようにするという事をやってのけるようです。そのために病気の発見が遅れることが多いといいます。約9割に人が、診断受けるまで気づかない病気だそうです。

スポンサー リンク

コップを落としたり、電柱にぶつかったり、石につまずいて転んだりと、、、うっかりが続いている人は危険信号かもしれません。それが自分の欠けた視野のためだということを気づいてゆくことが大切なのですね。この緑内障は、目の奥にある網膜に異常がおきて、視野が欠けてしまう病気です。視野がなんと半分も欠けていても、その欠けたことに気づかないというのですから驚きです。徐々に狭くなってゆく視野に、なかなか気づかないということです。どうしてなのでしょうか?

緑内障が進んでくると、

視野の周辺から見えなくなる場合には、みようとする視点の周辺になりますから、なかなかわからないといいます。視野を見れる範囲の網膜がダメージをうけると、視神経がやられて、その部分が見えなくなりますが、見えない部分は脳で補正した映像を提供するらしいので、みえたように映るので気づかないということです。人間は周辺視野にはなかなか弱いのですね。

 

実際はこんな風にです!

 

さて、緑内障は放置して進行が続けば、失明にも至る恐ろしい病気です。この病気は果たして、治すことができるのでしょうか?結論を申し上げると、早期の段階で治療すれば、進行を止めることができます。そこまで医学がきたところです。しかし、驚くべき事に、その治療法とは正しく、

「目薬」の点眼だけなのです!

大手術が必要なのかと思いきや、点眼だけでいいのだそうです!

ある人は、治療を怖がって進行してしまった人もいたようですが、なんと「点眼」でいい!ということは、目薬を入れる要領でいい!だけだと解っていたならどれほど、良かったでしょうか!眼球には、水晶体を潤すように水が流れています。この水分が目にたまりすぎると眼圧が上がって、目の視神経の束の位置にある網膜部分が圧迫されると、緑内障が始まります。それを防ぎ進行を抑えることができるまでになっているのですね。心当たりのある方は、すぐに病院にいってくださいませ。

緑内障の検査は簡単です。2分かかりません。最新の検査機器ですと、OCTというものがありますが、非常に患者さんに負担がなく検査ができるようになりました。まず視神経の色の変化でダメージを調べます。そして目に細い風を当てて視神経にかかっている眼圧を調べます。そして最後に見えていない部分の視野検査があって終了です。治療はさきほど申し上げましたように、点眼治療です。これによって眼圧を下げることにより、進行を止めることができます。水分調整や水分の排泄機能を高めるものもあり、患者の症状によって処方される薬が違ってきます。

スポンサー リンク

大事な事はまず、早期発見です。40代以降から病気になる人が多いですから、その年令を越えた人は3年に1度は検査をすることをオススメいたします。これだけでも、ほぼ、緑内障に関してはあなたは予防、治療のプロになったといえるでしょう。
健康裏技情報の「健康技」kenko-waza.com

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る