<決着!>顔の皮脂は落とすべきか?皮脂は何のためにある?皮脂過多の解消法とは?

皮脂をおとすべきか

顔の皮脂は落とすべきか?皮脂は何のためにある?皮脂過多の解消法とは?

顔は全身の皮膚の中でも最も皮脂が貯まりやすい部位ですね。この皮脂を嫌がって洗顔で洗い流してしまう人もいるようですが、良くないという説もあります。基本的に皮脂は、必要があって出てくるものですから、綺麗に流してしまうのは本当はいけないのですね。しかし、気になる人は気になる。

第一に皮脂が落ちすぎると、肌の水分が蒸発してしまって、かさかさになってきます。これは、老化やかゆみの原因にもなります。皮脂はある程度、肌に残っていなければならないわけです。それはあくまで皮脂の目的は、水分保持のためであったのですね。しかし、実際に、お湯と洗顔料でガンガンに洗ってすっきりする!という人も多いようですし、現実的にはべとべと感が一掃され、気持ちはいいでしょうね。しかし、それだけ、顔の皮膚の保湿能力が下がった状態になってしまうのですね。こういう生活を繰り返していれば、だんだん肌がかさかさになってきます。

あまりに顔の皮脂の量が多い場合は、

ある程度、洗って結構です。しかし、その後が重要なのです。皮脂量が多いということは、それだけ、脂を補充しないと、顔の皮膚から水分がどんどんと逃げて皮膚の老化が早まるから、敢えて、皮脂が登場してきてくれているわけです。ですから、ある程度は洗ったとしても、洗ったあとに、水分を補充すべきです。体の水分が皮膚の表面組織に保持されているのが、理想なのですが、それができないわけですから、外から水分を補充してやらなければなりません。そのためには、洗顔の後水分がまだ肌に残っている状態や、手間をかけるとすると蒸しタオルをしばらく顔に載せた状態の上から、保湿クリームを塗ることです。そうすると、水分が保湿クリームによって肌に保持されてきます。

スポンサー リンク

最もいけないのは、

肌の水分が少なく、乾燥肌になってはいけないからと、そのまま保湿クリームを塗る場合です。これは効果がありません。まもるべき水分自体が肌にないからです。乾燥している肌にそのまま保湿クリームを塗るのは、意味がないといえるでしょう。それに、皮脂の量がかわらなく過多の状態になる場合もあるからです。

結論として、

皮脂は水分を逃さないために出てくるのですから、例えれば危険地帯(乾燥肌)なので機動隊員(皮脂)を増やして配置するような話なんですね。皮脂過多を解消したいためにも、乾燥肌を解消したいためにも、結局、逆のようなのだけれども、同じように水分保持をさせてあげようという方向が正しいということになりますし、その具体的方法は、保湿クリームを塗るということでなく、水分を与えてからその上から塗るということであり、そういう生活を繰り返していれば、結局、水分が保たれてきますから、次第に、皮脂の出番も少なくなるということなのですね。
皮脂は悪玉ではなかったということなんですね!

スポンサー リンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る